2006年01月15日

初めてのホットワックス(その1)

今日始めてMyボードにホットワックスを塗りました!

塗る前にインターネットでホットワックスの塗り方を調べてみました。

すると、道具が完璧に仕上げるには少し足りていないことに気がつきました。(◎_◎;)


い・・いや、店員さんに最低限のものをチョイスしてもらったので全て完璧にそろってるわけではないことは理解していたのですが、ちょっとショックを受けました・・・(^^;

足りてないアイテムたち
 ・ワクシングペーパー (ワックスをアイロンで塗る際にアイロンに当てて使うらしい)
 ・馬毛ブラシ (ブラシがけの最終工程でつかうらしい)
 ・フィニッシュクロス (ブラシをかけ終わった後の最終仕上げにつかうらしい)
 ・ワックスを塗る際のスタンド (スノーボードのワックスがけ専用の台)


調べてた結果、ホットワックス手順は以下のような感じのようです。

 1.アイロンでワックスを溶かしボードに点々と垂らす。
 2.アイロンで垂らしたワックスをボード全体に広げる。
 3.冷やし、1日程度寝かす。
 4.スクレイパーというワックスをはがすプラスチックの板で塗ったワックスをきれいに削り取る
 5.ボアブラシで板にブラシをかける。
 6.ナイロンブラシで板にブラシをかける。
 7.馬毛ブラシで板にブラシをかける。 
   ↑持ってないのでナイロンブラシまでをがんばってかける(^^;
 8.フィニッシュクロスで最終仕上げをする。
   ↑持ってないのでナイロンブラシまでをがんばってかける(^^;

あとは注意事項は・・・

  ブラシ等は滑走方向にかけること
  アイロンをかける際は板の同じ場所を何度も往復すると板をいためる原因になる。 ←ワックス塗った後に知りました・・・orz


以上、こんな感じみたいです。

ということで、今日はワックスを塗りボードを寝かせるところまでをチャレンジしました!

長くなったので、
続きは後日・・・m(__)m
posted by べんぞ〜 at 22:54| 佐賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | スノーボードメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アイロン
Excerpt: アイロンアイロンとは 英語で鉄のこと。iron/aI@n/. 衣服の皺を伸ばす目的で使用する電気製品の一覧|電気製品。(この記事で詳述)----日本では火のしと言われ、江戸時代中頃より使われるようにな..
Weblog: 渋い道具屋
Tracked: 2006-02-07 22:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。