2006年02月11日

仕上げは前日に〜♪

前回に続き仕上げです。
 (´ ▽`).。o(ちょっと時間が空いてしまいましたが・・)


前回までにベースワックスを終え今回は、そう!滑走ワックスです!

・・・・・と言っても、方法ってベースワックスと一緒なんですよね・・・
 (´ ▽`).。o(そう思ってしまったら、書かなくなってました)


ところで、皆さんは滑走ワックスどう塗ってますか?
私は滑走ワックスは、塗った後滑る前日まで削らないことにしました。

理由は2つです。
1.板の酸化を防ぐため
  削って仕上げが終わった板は空気にさらされて酸化していくそうです。
  (◎_◎;)

2.ワックス成分の浸透する時間をできるだけ永くするため
 ワックス成分は冷え固まってからも徐々に浸透していくそうです。
 (「冷えたら浸透しない」という人もいますが・・・) 

板が悪くなるのを防ぐどころか、置いておくだけでよりよくしてくれるなんて
ホットワックスってすごいですね。


本当にホットワックスに挑戦してよかったと思う今日この頃です。


PS:今日うわさのワクシングペーパーを購入する予定です。
  話によると、だいぶ良いようですが、どれほどか・・・
  この話はまた後日〜
  ( ^_^)/
posted by べんぞ〜 at 15:09| 佐賀 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | スノーボードメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちゎ…

このたびはべんぞ〜さんのブログ、HPを観覧させてもらいました(*'ω')

私は前々からスノボをやりたく思っていて、始めようとしています。ですが、当方子供なので予算があまりないです(泣
どうすればよいでしょうか?また教えてもらうには上級者が先輩にいるので、その人に教えてもらうか、スクールに入る、どちらがいいでしょうか。

ご返答お待ちしています(m´_ _)m
Posted by (*'ω') at 2006年02月23日 21:25
こんにちわ、(*'ω') さん
名前は(*'ω') でいいのでしょうか?(笑

HPも観ていただいたんですね、ありがとうございます。

上級者の先輩を捕まえるほうが良いと思います。

できれば、面倒見の良さそうな既入門者と自分と同じレベルの人、といった組み合わせで入門すると、一日最後まで楽しく滑ることができると思います。

既入門者と書きましたが、レベルはとりあえずターンが出来るレベル以上と思ってください。(3日も滑ればターンは男性なら大体ターンが出来るレベルだと思います。あくまで目安ですが・・)


ちなみに、レベルの高い人は一日中入門者に付き合ってくれることはまずありません。(相手が異性で、あなたが相手にとって魅力的であれば違いますが・・・)

理由は、相手もある程度のお金を払ってゲレンデに来ており、入門者と上級者では、三輪車と自動車ぐらいのレベルの差があるため、教えてる間は上級者は遊ぶことをあきらめる必要があるからです。


実は私もスノーボードの腕はあまり褒められたものではありませんが、参考になれば幸いです。
Posted by べんぞ〜 at 2006年02月23日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。